集合住宅

賃貸関係の経験がないならサブリースという手段がベスト

貯金箱

安定した利益を得る方法

サブリースは所有している物件を不動産会社に貸し、不動産会社はその物件を第三者に貸し出すシステムのことです。サブリースを行ってくれる会社を選ぶポイントは、その会社が十分な能力を持っているかどうか確認することです。またその会社の経営状況や誠実さをチェックすることも重要です。

初心者向きのアパート経営

男女

管理運営のプロにお任せ

近年は、老後の生活資金確保などを目的としてアパート経営を始めようと考えている人が増えています。ただ、こうした新規開業者は当然ながら、アパート経営に関するノウハウを持っていません。適正な管理運営を行うには、専門家の手助けが必要になります。そこで有力な選択肢となるのが、サブリースという経営方式です。サブリースとは簡単に言えば又貸しのことです。不動産管理会社に物件を転貸することによって、運営を全面的に任せることをいいます。サブリースを利用する際の一般的な流れとしては、まずオーナーが土地を取得した段階で、管理会社にサブリースを利用したい旨の意思表示を行います。すると管理会社からは収益の出やすい物件に関するアドバイスをもらえるので、オーナーはそれに従ってアパートを建設します。物件が完成したら、オーナーと管理会社の間でリース契約を取り交わします。この際、オーナーは管理会社に第三者への転貸を許可します。管理会社は自らの責任で第三者すなわち入居者を募集し、賃貸借契約を締結します。そして入居者から毎月の家賃を収納する一方、オーナーにはリース料を支払います。これら一連の業務は、日常的な管理業務と合わせてすべて管理会社が行います。つまりオーナーは、実質的には月々のリース料を受け取る以外には何もしなくていいことになります。このオーナーに対する支払いですが、契約を見直さない限りは毎月一定となります。つまりサブリースの場合、オーナーは空き室発生による収入の減少を心配する必要がなくなるわけです。

積み木

管理の一切を任せる

アパート経営をオーナーの代わりに長期に一切をしてくれるのがサブリースです。空室保証があったりメンテナンスもあることで、収入が安定して大切に使っていけます。長期間信頼関係を築いていけるような管理会社と契約を結びましょう。

マネー

手間のかからない賃貸経営

サブリースは、賃貸住宅における経営方式の1つで、オーナーが管理会社に物件を借り上げてもらい、運営を一任するという手法です。オーナーは日常的な管理業務を行う必要がなくなるうえ、稼働率に関係なく一定の収入が保証されます。