お金

賃貸関係の経験がないならサブリースという手段がベスト

  1. ホーム
  2. 手間のかからない賃貸経営

手間のかからない賃貸経営

マネー

管理運営は専門業者の手で

賃貸経営の手法の1つに、サブリースというものがあります。これは、オーナーが所有するアパートやマンションを直接入居者に貸すのではなく、いったん管理会社が借り上げ、それを入居者に賃貸するというシステムです。ちなみにサブリースとは「転貸」のことで、オーナーと管理会社の間における貸借関係がマスターリース、管理会社と入居者の間に結ばれる関係がサブリースとなります。サブリースにあっては、物件の所有者と経営主体が分離します。入居者の募集や日常的な管理業務は、すべて管理会社が行います。そのため、オーナーに対しては経営状況、つまり具体的に言えば稼働率に関係なく一定額の収入が保証されます。金額は管理会社ごとに異なりますが、管理会社によって査定された家賃のおおむね80〜90%が相場とされています。つまり見方を変えれば、家賃のおおむね10〜20%がサブリース利用にかかる費用ということになります。サブリース方式は、新築物件に対して適用されるのが基本となっています。そのため、導入に際してオーナーが準備しておくべきものは、建設用地ということになります。物件の設計・施工は管理会社と相談しながら進めていきます。なお、管理会社の中には既存の物件にも対応しているところがあります。たとえば親族がこれまで自主経営していたアパートを相続によって取得したが、運営のノウハウがないためプロに任せたいといったケースでも利用可能です。